求人の探し方を徹底解説!仕事探しで意識するべきポイントを確認しよう

求人の探し方を徹底解説!仕事探しで意識するべきポイントを確認しよう はコメントを受け付けていません
求人の探し方を徹底解説!仕事探しで意識するべきポイントを確認しよう

求人の探し方によって出会える仕事が大きく変わります。自分に合う仕事を見つけたいなら、状況に応じて求人を探すことが大切です。今回は、求人の探し方や意識すべきポイントについて解説します。

※参考:長野県の求人・転職ならジョブズゴー | やりたい仕事がない人は必見!自分にぴったりな仕事の探し方

おすすめの求人の探し方

求人を探す方法には、次のようなものがあります。

  • 求人サイトを利用する
  • ハローワークで探す
  • 転職エージェントを使う
  • 企業に直接申し込む
  • 知り合いに紹介してもらう

求人サイトを利用する

求人サイトは、数多くある求人情報から検索できるプラットフォームのことです。求人サイトを利用するメリットは、仕事内容や年収など細かい条件に基づいて絞り込み検索できることが挙げられます。お気に入りリストに保存できるため、自分の希望に合う求人を効率的に探すことが可能です。

また、求人サイトは応募手続きや面接日程の調整などを企業の採用担当者と直接やり取りできます。場合によっては、転職エージェントが介入するより効率的にやり取りできることも多いです。履歴書や職務経歴書が確実に応募企業に届けられるメリットもあります。ただし、すべての手続きを自分で行う必要があるため、時間と手間がかかります。

ハローワークで探す

ハローワークとは、求職者に求人を無償で提供する公共職業安定所のことです。厚生労働省が運営しており、雇用保険加入の有無にかかわらず誰でも無料で利用できます。求人情報の閲覧だけでなく、直接職員にも相談できるのも特徴です。また、ハローワークの求人は地元の企業が多い傾向があります。

ハローワークは、近隣地域で安定して仕事をしたい方には最適な探し方です。さらに、ほかの支援サービスに比べると求人数が多いというメリットもあります。雇用の安定化をはかるために設置された公共機関であるため、企業から手数料を取っていません。ハローワークに求人情報を掲載する企業が多いです。

転職エージェントを使う

転職エージェントは、求職者と採用したい企業をマッチングさせるサービスのことです。あらゆるサービスを受けられますが、求職者は手数料が発生せず誰でも無料で利用できます。求職者が無料で利用できるのは、採用された際に企業から成功報酬を受け取るビジネスモデルであるためです。成功報酬は、年収の3割程度だといわれています。

利益を得るために採用率を高める必要があるので、企業の担当者が推薦してくれることも多いです。履歴書だけでは読み取れない求職者の人柄も伝えてくれるので、書類選考の通過率を上げられます。また非公開求人を紹介してくれる場合があり、希望に近い企業に出会えることもあります。ただし、転職エージェントも利益を得る必要があり、自分のペースで進められない場合があります。

企業に直接申し込む

企業の採用ページから直接申し込む方法もあります。直接応募するには、まず求人募集をする企業を探し、求人ページから応募するだけです。求人サイトや転職エージェントを活用すると手数料がかかるため、費用を抑えるために自社ホームページに採用情報を公開する企業も少なくありません。

就職したい希望が決まっている場合は、直接申し込むのもひとつの方法です。求人倍率が低く、志望意欲を評価されやすいため、採用につながる事例も多くあります。一方で、スケジュールの調整や交渉などはすべて自分で行わなければいけません。また、必ずしも求人が掲載されているわけではないので、小まめにチェックする必要があるでしょう。

知り合いに紹介してもらう

家族や友人が務めている会社の紹介を受けるのもひとつの方法です。知り合いを通じた採用活動は、リファラル採用と呼ばれるものです。知り合いを通じて採用すると、企業とのマッチング率や定着率が高く、求人サイトや転職エージェントを利用するより費用を抑えられるメリットがあります。

応募する側も実際に働いている家族や友人から、良い面も悪い面も教えてもらいます。採用後に入社して「予想と違った」というミスマッチを防ぐことが可能です。紹介者にはインセンティブとして報酬が発生する場合があり、企業・応募者・紹介者の双方にメリットがある採用方法になります。

求人探しで意識するべきポイント

求人探しをする際に意識すべきポイントには、次のようなものがあります。

  • 自己分析する
  • 情報収集をおこなう
  • 条件に優先順位をつける
  • 周りの人と比較しない

自己分析する

求人探しを行うにあたって、まずは自己分析することが大切です。これまでの経験やスキルの見直し、自分の長所や短所を理解しましょう。入社後のミスマッチを防ぐためにも、「やりたいこと」と「できること」を明確にすることが重要です。ただし、希望する仕事が必ずしも自分に合うとは限りません。

やりたい仕事を追い求め過ぎると、企業選びの選択肢が狭まる場合があります。自分に合う企業を見つけられず、なかなか応募が決まらないといった状況に陥る可能性があります。自分の強みを活かせる仕事にも目を向けて、仕事の選択肢を狭め過ぎないように意識することが大切です。

情報収集をおこなう

仕事を選ぶ際は、応募する企業の情報を収集することが大切です。とくに経営方針の理解は重要で、自分にマッチした社風かどうかを判断できます。売り上げを重視していたり社員の働き方を第一に考えたりなど、同じ業界でも会社の特色は異なります。経営方針を理解するには、各企業が公開する中期経営計画などを見ると特色を理解しやすいです。

経営方針に自分がマッチしても、働きにくい職場環境であれば良い企業とは言えません。職場の雰囲気を知りたい場合は、企業訪問したり既存社員に話を聞いたりするのがおすすめです。職場の雰囲気から企業が必要とする人材を把握できるため、自分との相性や入社後のイメージがつきやすくなります。

条件に優先順位をつける

なかなか採用につながらない場合は、条件を見直しましょう。入社後のミスマッチを防ぐためにも譲れない条件を基準に仕事を探すことは大事ですが、こだわり過ぎると仕事は見つかりません。仕事において、譲れない条件と妥協できる条件を振り分けて優先順位をつけることが大切になります。

優先順位をつけやすい条件には、経営方針や業務内容、金銭面、勤務時間、福利厚生、職場環境などが挙げられます。たとえば、プライベートな時間や家族と過ごす時間を確保したいなら、平均残業時間が少ない企業を選ぶのが良いでしょう。前職で人間関係の悩みを抱えていたなら、職場環境の優先順位が高くなるはずです。定着率や男女別の活躍状況、有給休暇取得率などを確認しましょう。

周りの人と比較しない

希望する仕事が見つからなくても、周りと比較するのはやめましょう。たとえば、学生時代の同級生は正社員として活躍しているのに自分は仕事が見つからない……といったように劣等感を持つこともあるかもしれません。

しかし、人によって仕事の決まり方に違いが出ることもあります。周りと比較することで求人活動へのモチベーションが下がり、仕事が見つからないといった悪循環に陥る場合もあります。他人と比べず、自分のやるべきことだけに集中しましょう。

自分に合う仕事を見つけよう!

求人サイトや転職エージェント、ハローワークなど仕事の探し方はさまざまです。とくに近年はリファラル採用する企業も多いため、知り合いの紹介から仕事が見つかることもあります。まずは自分に合う仕事を考えてみましょう。

管理人

私は長野在住です。私自身も転職を経験しており、そのたびに感じた困難や解決策をみなさんと共有していきたいと思います。